2018年3月12日 ホンマルラジオ出演

本気まるだしラジオ「ホンマルラジオ」とは?

このインターネットラジオは、様々なジャンルで活躍されている方や、これから夢に向かって走り出す方、自分の気持ちや想いを言葉に乗せて届けたい方、どんなことでもいいのでとにかく本気で喋る!本気で本音を語ってもらう「本気ラジオ局」です。

こちらから、視聴いただけます。

 


 

今回、ホンマルラジオでは弊社代表 植田育典が出版した《夢は数字にすると必ず叶う》の内容にもある、今から40数年前どのように起業したのか?どのように営業したのか?そして、ハワイへの熱い想い!を、ちりばめられたアイデアや、体験談をまじえてご紹介させていただきました。

夢を見て目標を定め、体験・試練・苦労そして夢は叶う!
夢は数字にすると必ず叶うと伝えるメッセージを是非ご清聴下さい


ラジオ出演の時の抜粋です。

 

起業について

28歳の時に、香川県一番のインテリア企業にしようとゼロからインテリア会社を起業。初めは飛込み営業をし、カーテン、絨毯、玄関マットを中心に販売。新築の現場に営業をかけて行きました。大工さん達にコーヒーなどを差し入れして、雑談し、営業をかけていきました。大工さんが喜ぶようなお話しをして、営業をしていきました。
段々とコミュニケーションが出来、笑い話もしながら新築のお施主様をご紹介していただきました。お施主さんは、大工さんを信頼していますので、そこから営業をかけて行きました。今から40年も前のお話しでございます。

ハワイとの出会いと学び
ハワイが大好きです。32歳の時に、ハワイ病に一発でかかりました。そしてダイアモンドヘッド・空港近くに物件を購入いたしました。そちらで、香川県のうどんを持参し出汁を炊いて、お友達へうどんパーティーをしておもてなしをし、毎週の金曜日に、ヒルトンの花見を見ながらうどんを食べる、これが最高なんですよね。その後、インテリアの会社から、住宅の会社のユーリックホームを立ち上げました。純和風の住宅よりは、時代に見合った、洋風な住宅も取り入れ、販売していきました。疲れたら、ハワイに行くんです。ハワイの風は違いますね。4泊6日が定番でしたが、活力になりました。住宅は、移り変わりが激しかったので、苦労は色々ございました。

家具の輸入会社、サンナカウェストについて
日本のアンティーク家具は、海外でも人気です。ただし中国製の家具との競争でした。和家具と、中国の家具との違いについて、研究して、和家具の良さを広めて販売して行きました。

本を書くにあたってのきっかけ
以前から本を書きたいという夢がありました。今から約10年位前から、いつかは本を書きたいと思っておりました。全ては夢から始まっています。皆さんももっと夢を数字にするということに、意識していただきたいです。今の若者で、夢を見ない人が多いです。漠然としている人が多い。若者は、夢が来てくれると思っている方が多い。夢は取りに行くものです、待っていても来ません。この本は、若者に夢を与える本だと思います。若者に夢についてのきっかけ作りのヒントになる本だと思っていますので、是非皆様も本を読んでみてご参考にしていただければと思います。


熱い思いをぜひ、ラジオを通した声でもご清聴下さいませ。 →ホンマルラジオ【第58回】ハワイの不動産王登場!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL